働く

Filed under: — act4co.org @ 5:40 AM

キャバクラとは、男性が女性と会話を楽しみながらお酒を飲む社交場です。近ごろでは、女性と気軽に会話が楽しめる、ガールズバーという業種も流行っています。
キャバクラが誕生する前の水商売の人の服装は、柄物のスーツや赤色のスーツなど、派手な物が主流でした。
2008年頃から、キャバクラではドレスを着用するキャストが増えてきました。
現在では、キャバクラ専用のキャバドレスのショップを多く見かけるようになりました。
また、キャバドレスは、夜の時間に営業しているキャバクラだけでだけでなく、昼キャバで働いている女性からも人気です。

■昼キャバ
昼キャバとは、キャバクラの営業時間が変わったものです。
時間帯は、朝から夕方頃まで営業しています。
仕事の服装は、私服ではなくキャバドレスなどの華やかなものが多いです。
また、客層はお年寄りなどが多く、まったりとした雰囲気の中接客が出来ると言われています。

■キャバドレス
キャバドレスには、安価な物、高級な物、モデルがデザインしているものなど多種多様です。
ラインストーンやビーズなどでキラキラしたドレス、シルク生地のドレスは、5万円を超えることもあります。
安価なドレスの中には、流行のものが多いですが、スタイルを良く見せてくれるドレスもあります。
ドレスの金額は、2000円からが相場となっていますが、大抵の場合5000円から10000円のキャバドレスを購入すれば、夜のキャバクラでも昼キャバでも失敗はありません。

■ガールズバー
ガールズバーとは、2000年代後半から爆発的に流行りだした業種です。
キャバクラとの違いは、女の子が隣に座らないところです。
また、バーですから、女の子にドリンクを頼む場合は別途料金がかかります。
ガールズバーにはハウスボトルが無いことも多く、チャージ料金と頼んだお酒の料金になります。

イチ押しリンク

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。